人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

地域文芸誌「文芸北見」51号発刊

tweet
2021/07/14掲載(北見市/文化)

郷土史など多彩なジャンル収録

 管内にゆかりのある人が投稿する地域文芸誌「文芸北見」の第51号が完成した。北見、網走在住者ら延べ158人による創作、随筆、俳句などさまざまなジャンルの作品674点を収録している。

 岡田祐一さん(札幌市)の「湧網線残影 建設工事から廃線まで」は、湧網線の歴史を通して子どもの頃の思い出などを綴った郷土史。このほか、インドでの貴重な経験を書いた仲間望さん(網走市)の紀行文「砂と風の狂詩曲を求めて」、『オホーツク管内』という名称の裏側を明かした武田賢一郎さんの随筆「オホーツク管内の誕生」など、小説、紀行、郷土史、評論13点と随筆12点を掲載。また、「コロナ禍」を詠むなど、時代を捉えた短歌、俳句、川柳作品も並んでいる。

 藤川道雄編集長は「郷土史など、趣向を凝らした作品が多く集まりました。50号を超え、次は60号をめざしたい」と話している。

 実行委が年1回発行。248㌻で価格は1250円。北見市と網走市の一部書店で販売している。問い合わせは藤川編集長(0157・25・7956)へ。(菊)