人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

「飲酒運転許さない」町内で啓発活動

tweet
2021/07/16掲載(美幌町/社会)

美幌町交通安全推進委

 「飲酒運転根絶の日」の7月13日、美幌町交通安全推進委員会が町内の酒販店や飲食店を対象に啓発を行った。

 7年前の2014(平成26)年7月13日、小樽市で飲酒運転の車にはねられて4人が死傷するひき逃げ事件が起きたのを受け、北海道が翌15年に「北海道飲酒運転の根絶に関する条例」を制定。7月13日を飲酒運転根絶の日にした。道内ではこの日を中心に、各地で啓発などが行われている。

 美幌では役場庁舎で出動式が行われ、関係者20人ほどが出席。推進委員会会長の平野浩司町長が「飲酒運転は社会全体でしない、させない、許さないことが大切」、美幌警察署の鈴木一喜署長が「6月にも千葉で飲酒運転のいたましい事故があった。皆さんと一丸となって運動したい」とあいさつした。

 出席者はこの後、啓発に出発。飲酒運転をする恐れがある人に酒類を提供しないことなどを呼びかけた。

 式前には、美幌地区の地域交通安全活動推進委員を03年から18年以上にわたり務める男性(80)が警察協力功労者表彰(北見方面本部長感謝状)を受けた(写真)。男性は毎朝、小学校の通学路に立って子どもらに交通安全を呼びかけており「表彰は光栄。体が続く限り活動したい」と話した。 (浩)