人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

急な水難「浮いて待ってて」

tweet
2021/07/27掲載(北見市/教育)

北見相内小で着衣泳の授業

救助まで落ち着けるよう

 北見相内小学校で19日に「着衣泳」の授業が行われた。5、6年生28人が服や靴を身に付けたままプールに入り、おぼれた時に水面に浮かんで救助を待つ方法を学んだ。

 道内では18日、函館市の漁港で高校生が海でおぼれて死亡する事故が発生しており、同校では海や川で遊ぶ機会が増える夏休みに備え、授業を実施した。講師に一般社団法人水難学会の指導員資格を持つ男性ら2人を迎えた。

 児童達は2人1組になり、大きく息を吸い込んで肺に空気をためて仰向けになり、浮き具の代わりとなる空の2㍑ペットボトルを抱えて水面に浮かぶ練習を行った。指導員は「ペットボトルはへその位置に」「足は広げるほうが体が安定する」などとアドバイスしていた。

 授業を終えた6年生は「ペットボトル以外にも靴やランドセルが体を浮かすのに役立つことが分かりました。もしもの時に落ち着いて行動したいです」と話していた。   (理)