人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約84,000部を所定エリア全域配布

網走市の水谷市長 新型コロナ濃厚接触者に

2021-08-05 掲載

(網走市/社会)

札幌出張時の機内に陽性者

 網走市は1日、水谷洋一市長が新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者となったため、8月9日まで自宅待機すると発表した。水谷市長はPCR検査を受けて陰性だったが、健康観察のため登庁はせずに自宅で職務にあたる。水谷市長の職務代理者は置かない。

9日まで自宅待機、職務代理者は置かず

 市の発表によると、水谷市長は7月26日、市建設港湾部職員1人と飛行機で札幌へ出張。同31日に北見保健所から、水谷市長の搭乗した飛行機の乗客がコロナ感染していたことから、この飛行機の搭乗者は濃厚接触者に該当するとの連絡を受けた。

 水谷市長は8月1日にPCR検査を受け、結果は陰性。札幌出張に同行した職員も陰性だった。

 PCR検査の結果は陰性だったものの、コロナ感染者との最終接触から14日間は健康観察となるため、水谷市長は自宅待機となった。市は1日、市長室などを消毒するなどの感染防止策を講じた。

 また、水谷市長とひんぱんに打ち合わせなどをしている副市長や幹部職員の一部が抗原定性検査を受けたらしい。いずれも陰性だったという。 (大)

 -・-・-・-

 自宅待機となった水谷市長のコメントは次の通り(要約)。

 「私は航空機搭乗にあたりマスクを着用し、出発ロビーでは手指消毒を行い、機内では会話をすることもなく、感染拡大防止の措置を講じて搭乗しておりました。~中略~ 8月9日まで登庁することができませんが、事務決済などは自宅で行い、打ち合わせなどはLINEでのビデオ電話で行うなど、市政が滞ることがないよう取り組んでいきます」

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー

キーワード

  • 新型コロナウイルス
  • 濃厚接触者

関連記事