人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約84,000部を所定エリア全域配布

北見市、道路維持センターの改築基本設計案

2021-08-05 掲載

(北見市/社会)

男女別更衣室とトイレを整備

 北見市は、建て替えを計画している市道路維持センター(北光)の改築基本設計案をまとめた。2022年度に建設工事を行い、23年度供用開始の予定。

2023年度供用開始予定

 同センターは道路管理行政を担っており、冬期間は道路除雪の拠点機能も果たす。1972年建設の施設は半世紀を経て老朽化が進み、使い勝手の悪さも課題になっていた。

 設計案によると、新施設は木造平屋建でセンター敷地内に建設。延床面積は475平方㍍で現施設の1.2倍に広がる。

 職員執務室のほか現施設にはない仮眠室や男女別の更衣室とトイレを整備。会議室は1室から2室に増やし、このうち1室は冬期間、除雪センターとして使用する。もう1室は各種会議のほか災害時の応援職員待機場所としての活用を想定した。

 このほか待合・窓口スペース、非常用発電機を備えた機械室などを配置。概算事業費は約4億円を見込み、耐震性と耐久性も強化する方針。(柏)

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー

キーワード

  • 道路
  • 改築基本設計案

関連記事