人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

置戸町臨時町議会

2021-08-19 掲載

(置戸町/政治)

事業者へ事業継続給付金

全町民へ5千円分商品券
緊急経済対策を審議

 置戸町の臨時町議会が17日に開かれ、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策、消費喚起支援施策などについて審議した。

 小規模事業者等緊急経済対策の事業継続給付金について町は「昨年度および今年度第1弾対策の実績件数からみて、町内の商工業事業者はいまだ影響を受け、消費者の行動もコロナの感染状況から外出や買い物を控える傾向にある」と状況説明。

 第1弾対策では、売上が一昨年1~3月に比べ今年同期に40%以上減少した事業者が小売業、サービス業を中心に16件、30%~40%未満の事業者が4件あったと実績報告した。

 今回の第2弾では、今年4~6月期に売上減少のあった事業者に同じく20万円あるいは10万円を給付する。さらに道の営業時短要請に応じている飲食業者への特別支援事業として、今年4~6月のうち前年または前々年同期間と比べ売上が30%以上減少した月が1回でもあれば、酒類を提供する飲食店に30万円、扱わない飲食店にそれぞれ20万円支援する。

 一方、消費喚起策の「コロナに負けるな生活応援事業」は町内で使える1人5千円分の商品券を置戸高校博愛寮生含め全町民に配布。勝山温泉ゆぅゆに隣接し10月1日に稼働開始するトレーラーハウス事業に伴う温泉施設応援事業などを審議した。

 一般会計の歳入・歳出にそれぞれ3891万2千円追加する補正予算案を可決。この日で閉会した。(寒)

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー

キーワード

  • 臨時町議会

関連記事