人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

シリーズ北見市の文化財 (46)

2021-09-16 掲載

(北見市/本誌連載・歴史)

常呂川沿小校舎落成記念碑

1983年、現校舎の落成記念し
校訓と沿革記す

 北見市常呂の川沿小学校校舎落成記念碑は1983(昭和58)年、現在の校舎に建て替えられた記念に校舎落成記念事業協賛会が建立した。校訓の「友愛」「自主」「不撓」が刻まれ、裏面には学校の沿革が記されている。

 川沿小学校は1900(明治33)年、川沿基線9号の斉藤鉄四郎氏宅を特別教授場として開校したのが始まり。10年、常呂第二小学校と改称する。1915(大正4)年、新校舎が現在地に竣工。

 1947(昭和22)年、常呂村立川沿小学校となり、中学校併置。74年に川沿中学校が常呂中学校に統合されて閉校、川沿小学校は6学級単置編成となる。82年、3学級複式編成に。校舎の老朽化により83年、現校舎が落成した。 (成)

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー

キーワード

  • 文化財

関連記事