人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約84,000部を所定エリア全域配布

シリーズ北見市の文化財 (49)

2021-10-21 掲載

(北見市/本誌連載・歴史)

岐阜開基百年記念碑

1897年、岐阜県と岩見沢から入地
「愛郷夢限」の願い込め建立

 北見市常呂町岐阜地区の開基百年記念碑が1996(平成8)年、岐阜集落センター横に建立された。

 同地区は1897(明治30)年、岩見沢に移住していた岐阜県出身の林喜太松氏が常呂原野の土地貸与許可を受け、現地に仮小屋を建てて帰った。翌年、林氏ら岩見沢からの移住者と岐阜県からの移住者合わせて21戸が家族とともに入地したのが始まり。

 開基百年を記念して建立された記念碑の題字には「愛郷夢限」と記されている。ふるさとを愛し、いこいの郷として夢をもって未来へ限りなく飛躍する願いがこめられている。(成)

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー

キーワード

  • 文化財

関連記事