電動車いすからの風景、一言添えポストカードに

2022-05-13 掲載

(美幌町/社会)

美幌の土屋美果さん

散歩で感動

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 美幌町在住の土屋美果さん(47)が、散歩中に撮影した風景のポストカードを作成した。難病の筋ジストロフィーで、屋外での移動に導入した電動車いすからの景色と、ポエム調のメッセージが評判。売り上げは全て寄付するという。

 ポストカードは4種類。曲がりくねった公園の石段、道端の花など身近な風景に、言葉が一言添えられている。バスケットゴール越しに青空を写したカードには「いつか 向こうに還る日まで この地球を 味わい尽くそう」と添えた。

 電動車いす導入前は、屋外を歩く際に杖を使っていた。距離や道の勾配、風など、転倒しないように意識が向かうあまり「楽しく歩けなかった」と話す。

 2021年に電動車いすを導入すると〝景色〟が変わった。「ゆっくり安心して外出できるようになり、見慣れたはずの街並みが新鮮に映った」という。

 散歩中に撮影した写真をSNSで紹介すると、好反応が返ってきた。「感動している気持ちが伝わっているのかもしれない」と話す。

 訪問看護を定期的に利用する美幌町地域包括支援センターの協力で、役場売店でカードを販売。1枚100円。売り上げは全額、美幌町社会福祉協議会に寄付するという。  (浩)

キーワード

  • 電動車いす
  • ポストカード

関連記事

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー