絵馬で感謝を

2022-08-12 掲載

(網走管内/告知)

コロナ禍で希薄になった〝ありがとう〟

神社庁五区教化委が初企画

 ありがとうの機会が減少。絵馬で感謝を伝えませんか—。

 オホーツク・宗谷管内の30神社で構成する北海道神社庁五区教化委員会は「感謝を伝える『ありがとう絵馬』事業」を15日から始める。コロナ禍で人と人のつながりが希薄になってはいないかと現状を憂いて初めて企画した。各社務所で無地の絵馬を無料で配布する。

 新型コロナによる不安感のなか、孤独感を少しでも和らげてもらおうと企画した。

 住んでいる地域の対象神社の社務所で無地の絵馬を受け取り、神様や家族、友人など宛てに「いつもありがとう」といった感謝する言葉を記入する。持ち帰って後日奉納しても構わない。絵やデザインは自由。絵馬がなくなりしだい終了。(寒)

キーワード

  • 絵馬

関連記事

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー