人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

年に一度の一般開放

tweet
2019/05/08掲載(北見市/社会・歴史)

上仁頃美里開拓資料館

3日間で230人来場

北見市美里の上仁頃美里開拓資料館が3~5日、一般開放された。家族連れや高齢者団体など230人が来場。まるでタイムスリップしたかのように並ぶ懐かしの生活道具や農機具などを見て回った。

 同館は上仁頃美里郷土研究会が運営する施設で、開拓当時の農具や生活道具など約千点が展示されている。通常は来館希望者の事前連絡を受けて開館しており、ゴールデンウィークの時期のみ一般開放している。

 来場者は、同研究会の会員の説明を受けながら室内を見学。屋外ではデンプンだんご、ドン菓子が配布され、会員と来場者が和やかなひとときを過ごした。

 北見の60代の男性は「道内のいろいろな資料館を回っていますが、市民が運営し、これだけ整理されている資料館は見たことがありません。素晴らしいですね」と感激していた。(菊)