人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

高校生ものづくりコンテスト出場

tweet
2019/05/29掲載(北見市/社会・教育)

北見工業高校電子機械科3年男子生徒、1年男子生徒

全国目指し道大会自動車整備部門へ
狙うは1位「自分の力を出し切るだけ」

3年男子生徒と1年男子生徒

3年男子生徒と1年男子生徒

北見工業高校電子機械科の3年男子生徒と1年男子生徒が、6月1日に登別市で開かれる第19回高校生ものづくりコンテスト北海道大会自動車整備部門に出場する。昨年3位だった3年男子生徒は「1位になって全国大会に出場したい」と練習に力を入れる。

 同部門は、学科や点検、修理など自動車整備に関する専門的な知識・技術を競う。同校では3年前、14年振りに同部門に参加して以来、毎年生徒が北見市内の自動車整備工場や中古車販売店などの協力を得ながら挑戦している。今年も地域の中古車販売店から試験使用車を借り受け、本番に向けて練習を重ねてきた。

 3年男子生徒は同コンテストに1年生の時に先輩のアシスタントとして参加し、2年生で出場した昨年は3位。その雪辱を果たそうと、難易度の高い故障個所を探す勉強に力を入れてきた。他の生徒の前で整備作業を行うなど、緊張感の克服も図った。

 初出場の1年男子生徒は、自動車整備に関心のある1年生3人の中から選手に抜擢された。「コンテストの内容は思っていた以上にハード。ミスをしないようにしたい」と気を引き締める。3年男子生徒は「あせらずに練習通りやれば大丈夫」と後輩にアドバイスを送る。

 今年が最後の出場になる3年男子生徒は「あとは自分の力を出し切るだけ」と1位のみが出場できる夢の全国を目指す。     (菊)