人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

7月に教育交流訪問団

tweet
2019/06/03掲載(網走市/社会)

ポートアルバーニ市から5年ぶり

網走市の姉妹都市カナダ・ポートアルバーニ市から教育交流訪問団が7月、来網することが決まった。11歳から17歳の4人と引率者2人で、滞在中は学校訪問などを通じて網走市民と交流を深める。教育交流訪問団としての来網は5年ぶり。

ホストファミリー 6月11日まで募集

7月に来網するポ市民

7月に来網するポ市民

網走・ポートアルバーニ姉妹都市交流協会によると、ポ市の教育交流訪問団は7月6日から同11日まで滞在する。メンバー全員が市民宅にホームステイしながら、網走の生活を楽しむ。

 滞在中のスケジュール詳細は今後、具体化する。これまでの教育交流訪問団のケースを踏まえると、市内の学校訪問や施設見学などを通じて、日本の文化や生活習慣を体験すると考えられる。

 同協会は隔年で、網走市内の小中学生や高校生をポ市に派遣している。一方、ポ市の子ども達が網走を訪れる機会は不定期で、市内関係者は今回の来網を大歓迎している。

 今回の教育交流訪問団メンバー全員が初来網となる。同協会は「網走の魅力をしっかりと伝え、姉妹都市交流の目的・意義を互いに共有できれば」と期待する。

 網走市とポ市は1986(昭和61)年に姉妹都市提携を結んだ。教育交流訪問団事業は同年に始まり、ポ市からはこれまで10回の訪問団が来網している。

 同協会は、今回の訪問団メンバーを受け入れてくれるホストファミリーを今月11日まで募集している。詳細は協会事務局(市企画調整課内0152・44・6111)へ。 (大)