人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

常呂自治区の検針用紙を誤使用

tweet
2019/07/11掲載(北見市/社会)

北見市上下水道局 東陵町と桜町の一部住民に

水量、料金など表示に誤りはなし

北見市上下水道局は8日、東陵町と桜町の一部住民に6月中に配布した検針票(水道・上下水道のお知らせ)の用紙が常呂自治区用だったことを公表した。同局総務課によると水量、料金などの表示に誤りはない。

 同局は自治区ごとに連絡先の表示などが異なる用紙を使用。同課によると、用紙違いが発生したのは6月16日と17日に検針を行った約280戸で、次回の検針準備でハンディターミナルの設定確認中にミスが発覚した。原因について同課は「人為的なミス」としている。

 料金などの表示に誤りがないことから差し替えなどは行わず、市のHPに「お詫び」を掲載。同課は「大変申し訳なく、再発防止を徹底したい」としている。

 同局では、5月にもハンディターミナルの設定ミスによる検針票の誤表示があった。(柏)