人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

日ハム大空町後援会が設立

tweet
2019/07/16掲載(大空町/スポーツ)

応援ツアー、上沢投手らとの交流会も

 北海道日本ハムファイターズ大空町後援会の設立総会が11日、女満別地域振興会館で開かれた。

 上沢直之、堀瑞輝両投手が2019年の大空町応援大使を務めるなど球団応援の機運が高まっていることから、設立準備会を経て開催。ファンや球団職員ら35人が出席した。

 会則に続き、少年野球教室や応援バスツアー、応援大使との交流会の開催、球団主催試合のヒーロー選手に特産品を贈って大空町をPRするなどの19年度事業計画が承認された。

 会長は「今季も最終的に優勝してもらえるよう、皆さんのお力を借りながら精いっぱい応援し、地域活性化にもつなげられたら」と抱負を述べた。

 応援大使との交流会はシーズン終了後の11月を予定。後援会事務局は、大空町総務課企画グループ(0152・74・2111)に置く。

 総会後はグッズが当たる抽選会や、負傷で離脱中の上沢投手に激励メッセージを送る寄せ書きづくりも行われた。(浩)