人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

28人が市民後見人目指す

tweet
2019/08/22掲載(北見市/社会)

北見で養成研修スタート、10月まで講義と実技

 北見市成年後見支援センター主催の市民後見人養成研修が19日、始まった。市民28人が受講し、10月まで10日間の日程で講義と実技を経て修了を目指す。初日は市総合福祉会館で開講式が行われた後、早速、講義に入った。

 市の委託事業で、北見での開催は昨年に続き4回目。これまでの修了生は計103人で、このうち48人が市社会福祉協議会に登録。23人が法人後見支援員として活動している。

 今回の受講者の平均年齢は62.2歳で、親や自分の将来のために成年後見制度を学びたいという人、福祉関係者などさまざま。男性9人、女性19人で女性の割合が高い。

 開講式で市社協の渡部眞一会長は、高齢化や認知症の人が増えている中で今後、さらに市民後見人の需要が高まるとし「無事に修了され、市民に身近な活動をお願いします」と期待を寄せた。

 修了式は10月7日の予定。   (匡)