人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

女性初、全16コース制覇

tweet
2019/10/08掲載(美幌町/社会)

びほろ発!北海道ウォーキングマップ

 美幌町在住の72歳女性が、町が無料配布する「びほろ発!北海道ウォーキングマップ」の全16コースを制覇した。合計2541㌔を歩いた計算で、全コース制覇は女性初。数年前に体調を崩し、リハビリを兼ねて歩き続けており「孫の野球や吹奏楽の応援に自力で行ける体を維持したい」と話す。

美幌・72歳女性
リハビリ兼ねて合計2541㌔…2週目に突入
「自分で孫に会いに行ける体力維持を」

びほろ発!北海道ウォーキングマップ

びほろ発!北海道ウォーキングマップ

 マップは、歩く励みにつながればと町が2018年5月に作成。北海道地図に「美幌―北見間コース」(27㌔)や、北見―帯広間の「帯広豚丼めぐりコース」(144㌔)など16のコースがある。コース上のマスは1マス3㌔で、30分(約4500歩)歩くごとに1マスずつ塗りつぶしてコース制覇を目指す仕組み。

 女性は長年、ウォーキングに取り組んできたが、16年11月に体調を崩し、しばらく思うように歩けない時期を過ごした。マップを見つけ「目標をもって続けられそう」と再び歩き始めた。

 始めは少しずつだったが、体調の回復とともに徐々に距離を伸ばし、次々とコースを制覇。今年9月にすべてのマスを塗りつぶし「達成したで賞」など16枚の賞状を手に入れた。「マップのお陰でやりがいを感じながら歩くことができた」と感謝する。

 現在は2枚目のマップに突入。夏場は一日1万歩を目標に、平均1時間前後を歩く。

 駅まで歩いて北見に住む高校生の孫の野球の試合を応援しに行ったり、吹奏楽を聞きに行ったりするのが何よりの楽しみ。「思うように歩けなかった時期は本当につらかった。自分で孫に会いに行ける体力を維持したい」と話している。

 マップはしゃきっとプラザ2階の成人保健担当(0152・73・1111内線395)窓口で配布している。         (浩)