人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

野球女子 集まれ!

tweet
2019/11/11掲載(網走市/スポーツ)

オホーツクスマイリーズ発足

 オホーツクの〝野球大好き女子〟がもっと輝ける場所を―。中学生から社会人選手が所属する女子野球チーム「オホーツクスマイリーズ Okhotsk Smilies」が設立され、本格的な活動を始めた。来年は全日本女子野球連盟への加盟、そして全国大会への出場をめざす。オホーツクにおいての女子野球選手の裾野をさらに広げるため、今月30日に網走市で体験会を開く。

中学生~社会人が所属
30日に網走で体験会

 オホーツクスマイリーズには、社会人と中・高校生の18人が所属。網走市をはじめ小清水町、遠軽町、湧別町など管内に住む選手が中心で、陸上でインターハイに出場したメンバーもいる。

 管内では、小学生を対象にした女子野球チーム「オホーツクブルーエンジェルス」が2013(平成25)年に設立され、活動を続けている。また、16年に中学生チーム「オホーツクシャイニングガールズ」が結成され、全国大会に出場するものの、チームの活動は縮小化していた。

 こうした状況の中でも、オホーツクの野球を愛する女子選手たちは活動の場を求め、男子チームに交じって練習を重ねるなどしてきた。そして今年10月、「オホーツク女子選抜」チームとして、札幌市で開催された女子野球大会に参戦。この選抜チームが母体となって、「オホーツクスマイリーズ」が正式に発足した。

 チーム関係者は「野球が大好きだけれど活動の場所がなかった、進学のため続けられるか悩んでいる―などといった人達と一緒に活動していきたい」とし、「2020年度中には全日本女子野球連盟への加盟をめざしたい」と力を込める。

 女子野球愛好者の底辺拡大などを目的とした体験会は今月30日正午~午後5時、網走市内のオホーツクドームで開く。参加無料。初心者も大歓迎で、事務局は「小学生以上なら誰でもOK。気軽に参加してください」と呼びかけている。

 問い合わせは事務局(メール bycoo33049@yahoo.co.jp)へ。(大)