人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

いつか北見で上映できたら

tweet
2019/11/12掲載(北見市/社会)

北見出身監督・大木 萠さんの映画公開へ

北沢楽天の生涯描いた「漫画誕生」
30日から東京都内で…道内の公開も検討中

大木監督

大木監督

 北見市出身の映画監督、大木萠さんが手掛けた日本初の漫画家・北沢楽天の歩みを追った映画「漫画誕生」が30日から東京都内で公開される。道内での公開は未定だが、同映画公式ホームページで予告編を見ることができる。

 大木監督は北見緑陵高校卒。専門学校卒業後、バラエティー番組のADを経て、助監督として映画の撮影現場に参加。2012年に長編デビュー作となる「花火思想」(14年公開)を監督・プロデュースし、高い評価を得た。本作は長編2作目。

 映画は“日本近代漫画の祖”とされ、現在の漫画業界の礎を築いた北沢楽天の知られざる生涯を描いた伝記ドラマ。楽天役にイッセー尾形、楽天の妻・いの役に篠原ともえをキャスティング。楽天と対峙する検閲官役として網走市出身の稲荷卓央も出演している。

 本作に寄せて大木監督は「ずっと漫画家になりたかったはずなのに、なぜか今、私は映画を撮っています。そんな中で日本で最初の漫画家の物語を撮ることができた、この不思議で素敵な巡り合わせに感謝しています。いつか北見で上映ができるよう頑張りたいと思います」とコメントを寄せている。

 同映画を配給するアースゲートによると北見での地元上映も含め、道内での公開も前向きに検討しているという。上映に関する問い合わせは同社(03・6806・0784)へ。

     (理)

 

30日から順次公開の「漫画誕生」

30日から順次公開の「漫画誕生」