人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見の小泉小校区やさしいまちづくり運営委が講習会

tweet
2019/12/04掲載(北見市/社会)

地域活動の意義など学ぶ

 防犯などの地域活動を目的にした、北見市の小泉小校区やさしいまちづくり運営委員会主催の「安心・安全なやさしいまちづくり」講習会がこのほど、北見小泉小学校で開かれた。地域住民ら約20人が参加し、地域活動の意義などを学んだ。

 同委員会は今年10月に結成。地域の防犯パトロールなどを実施している。

 市市民活動課の男性が「地域活動の意義や必要性」、北見警察署生活安全課の男性が「防犯活動の方法と注意点」と題してそれぞれ講話。

 市市民活動課の男性が住民活動について「行政だけではできない課題など、市民のみなさんと協力してまちづくりを進めていこうということ」と解説。「地域のつながりや垣根を超えて連携すれば、それぞれの負担が分散され効率的に進めることできる。より多くの方に関わってもらいたい」と話した。

 北見警察署生活安全課の男性が複数でのパトロールは注目が集まるため、事故や犯罪の抑止力になることなど、防犯ボランティアをする上でのポイントなどを紹介した。

 会長は「子ども達を交通事故や不審者から守るための活動を、学校や保護者だけでなく、地域全体で取り組みたい」と、同運営委員会の発足について説明。子ども達に加え、高齢者の見守りなど今後の活動内容を紹介し「できることをできる範囲でやってもらえたら」と、一緒に活動する「やさしいまちづくりサポーター」の登録を呼び掛けた。 (菊)