人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

小学生タグラグビー大会

tweet
2019/12/18掲載(網走市/スポーツ・教育)

6年連続の全道切符
網走小「ウォセカムイ」

全道出場を決めたウォセカムイ

全道出場を決めたウォセカムイ

 全国大会に通じる小学生のタグラグビー大会「第16回サントリーカップ北見支部予選」(8日、遠軽町)で、網走小学校タグラグビークラブの「ウォセカムイ」が準優勝し、全道出場を決めた。

 同支部予選は、北海道ラグビー協会北見支部と遠軽ラグビー協会の主催。管内の小学校単位で結成された19チームが出場し、予選リーグ、決勝トーナメントで実力を競った。優勝、準優勝の2チームが、北見支部の代表として全道へ進む。

 予選ブロック1位で通過したウォセカムイは、決勝トーナメントを順当に勝ち上がり決勝戦へ進み、遠軽町のチーム「遠軽Reds」と対戦。4―6で敗れて2位となった。

 網走ラグビー協会によると、ウォセカムイは「守備からリズムを作り、スピードあるチーム」。遠軽Redsも守備は固く、ウォセカムイの速さにしっかり対応して北見支部の頂上決戦を制した。

 網小の全道出場は6年連続。全国へは2年連続して出場しており、来年1月13日に北広島市で開催される全道大会での活躍が期待されている。     (大)