人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

秋の善行表彰 (4)

tweet
2019/12/26掲載(北見市/社会)

北見・76歳男性

子ども達に百人一首指導し30年
多くの協力のおかげ、教えて良かった

指導の様子

指導の様子

 北見市在住の76歳男性は、約30年にわたり子ども達に百人一首の指導を行っている。善行表彰に「今までやってきたことが認められてうれしいです」と笑顔をみせる。

 男性は、大正地区子ども会連絡協議会の設立当初からの役員で、現在も同会副会長を務める。

 活動は、3人の息子に百人一首を教えたことから始まった。3人だけでは試合にならないと息子達が友達を家に呼ぶと、次々と子ども達が押し寄せるようになり、地域の会館を借りて指導するまでになった。

 毎年9月~3月に、北見緑児童センターで、緑・大正地区の小中学生を対象に百人一首を教える。これまでに指導したのは約500人。地区の大会をはじめ、北見大会、北北海道大会にも選手を送り出す。「子ども達は勝っても、負けても、私のところに来て報告してくれる。教えて良かったなと思います」と明かす。

 これまでの活動を振り返り「子ども会の役員の協力や父母の応援があってのこと。1人ならこんなに続けられなかった」と感謝する。「声、体の調子を見ながら、これからも続けられたら」と話している。       (菊)