人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

第22回北見雪合戦大会

tweet
2020/02/13掲載(北見市/行事)

今年はテニスボールで

 第22回北見雪合戦大会が8、9日、北見市内のきたみ冬まつり特設会場で開かれた。雪不足で開催が危ぶまれたが、実行委らがコートを造成。ただし雪玉に代えて、テニスボールでの競技となった。

第22回北見雪合戦大会の様子

第22回北見雪合戦大会の様子

 小学生チームは昨年を上回る8チームが参加。中学生チームは北見南中と東陵中の野球部員でつくる合同チーム同士の決勝を「やさしいイット」チームが制して、おとなの部に進出した。教員らでつくる女子チームも健闘し大会を盛り上げた。

 一般の部は、北見の日本都市設計野球部チームが連覇。3位までが今月22、23日に胆振管内壮瞥町で行われる昭和新山国際雪合戦大会にコマを進めた。

 1月の準備当初は雪不足で開催が懸念されたが、実行委とボランティアがコートの整地やシェルターと呼ばれる競技設備の作製に尽力。ただ競技用の雪玉は作れず規則にそって、硬式テニスボールを色付けして試合に用いた。参加者は「当たっても雪玉ほど痛くない。テニスボールも面白い」と熱中していた。

 上位結果は次の通り。

【子どもの部】
  (1)北見ビクトリー (2)小泉ブルエンA (3)スナバの店員さん

【中学生の部】
  (1)やさしいイット (2)令和に誘いし植松戦士

【一般の部】
  (1)日本都市設計野球部 (2)チームりゅう・こはBB (3)居酒屋喰萬八  (寒)