人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

武道の普及振興に貢献

tweet
2020/06/24掲載(北見市/社会)

4人の功績たたえ

 北見市武道振興協議会は20日、武道の普及振興に貢献した故人を含む4人を武道功績者として表彰した。功績者表彰は初めて。北見市弓道会の名誉会長(86)、北見地方剣道連盟の名誉会長(90)、北見市武道館建設期成会の会長(80)、7日に亡くなった北見居合道連盟の元理事長・坂東招造さんが表彰を受けた。

北見市武道振興協、功績者表彰は初

 20日に予定していた北見市武道祭が25回目の節目に当たることから、表彰規定に基づき初めて功績者表彰を行うことを決定。新型コロナウイルスの影響で武道祭を中止にしたものの、表彰は行うこととし同日、武藤会長が対象者の自宅などで表彰状を手渡した。

 このうち、弓道会名誉会長の表彰式は市武道館で行われた。表彰状を受け取った弓道会名誉会長は「日本の伝統文化である武道を今後も続けていきたい」と語り、北見市弓道会の会員の祝福を受けた。

 弓道会名誉会長は1967年に同会に入会し、東トレセンの横にあった弓道場の設立に尽力。これまで北見工業大学や北見北斗高校の弓道部のコーチを務めたほか、北見市弓道連盟の会長など要職を歴任し、弓道の発展に貢献した。

 剣道連盟名誉会長は永年にわたり北見地方剣道連盟の理事長、会長、名誉会長を務め、剣道の振興に貢献。期成会会長は武道館建設期成会の会長として武道館落成までの10年間、要望活動を行うなど武道振興に貢献した。

 坂東さんは北見居合道連盟の理事長のほか、北海道地区居合道連盟の副理事長、副会長を歴任。20年間にわたり、武道振興協議会の理事も務めた。  (匡)