人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

ところ常南ビーチ、今季開設を中止

tweet
2020/06/30掲載(北見市/行事)

北見市 新型コロナ対策徹底は困難と判断

紋別市、興部町は開設…自治体で判断分かれる

昨年のところ常南ビーチ

昨年のところ常南ビーチ

 北見市は、ところ常南ビーチ海水浴場(常呂自治区)の今季開設の中止を決定。新型コロナウイルス感染症の対策を徹底するのが困難と判断した。一方、紋別市のオホーツクホワイトビーチ、興部町の沙留海水浴場は、それぞれ感染症対策を講じながら開設する予定で、自治体により判断が分かれた。

 海水浴場の開設は、自治体などの各開設者が判断。道は開設者に対し、「新北海道スタイル安心宣言」に基づきソーシャルディスタンスの確保、消毒の徹底、発熱や風邪の症状のみられる人の入場禁止などの措置を求めている。

 ところ常南ビーチは昨年、7月20日から8月11日まで23日間開設され、利用者総数は5854人。常呂総合支所は「道内各地の状況をふまえて検討したが、対策の徹底は困難」として今季の開設を見送った。一方、紋別市は「設備の消毒など可能な限りの対策を講じることで開設に踏み切った」という。

 ホワイトビーチの開設期間は7月1日~8月31日。沙留海水浴場は7月18日~8月23日。新型コロナウイルスの状況次第では、途中で閉鎖する場合もある。  (柏)