人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

草の実「ひっつき虫」

tweet
2020/10/15掲載(北見市/none)

仁頃山で…

いつのま~にか、くっついた

キンミズヒキ

キンミズヒキ

 実りの季節-。植物はさまざまな方法で種を広げようとしています。「ひっつき虫」などと呼ばれる草の実は、動物の体や人間の衣服に付着し、分布を広げます。北見市内の仁頃山の登山道で見つけた、かわいい“虫たち”を紹介します。

 初夏にレースのような小さな白い花を咲かせていたセリ科の「ヤブジラミ」の実は、全体に小さなかぎ状のとげが密生しています。実が服に付く様子がシラミに似ていることから、この名が付いたと言われています。

 円錐型の実をたくさん付けているのはバラ科の「キンミズヒキ」です。細長く、びっしりと付いた種はマジックテープのように衣服にくっ付いてきます。

 葉の形がフキに似ているキク科の「ノブキ」は、こん棒形の実を放射線状に付けます。棒の先にはまばらに毛があり、その先端から出る粘りのある液体で人や動物に付きます。

 あなたの靴やズボンにもくっ付いていませんか?。知らず知らずに種子散布に一役かっているかもしれません。 (理)

 

ヤブジラミ

ヤブジラミ

ノブキ

ノブキ