人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

町の歴史をミニトリップ

tweet
2020/10/22掲載(置戸町/教育・歴史)

置戸・ふるさと少年クラブ「郷土資料館ツアー」

 置戸町の小学生の校外活動、ふるさと少年クラブの「郷土資料館ツアー」が10日、町内で繰り広げられた。学校のパソコンでデジタル郷土資料館を閲覧(写真右)。歩いて町内の石碑を訪ね、郷土資料館へとミニ歴史トリップした(同左)。

 4~6年生のクラブ員14人が参加。パソコンで初めて見る昭和の時期の小学生の帽子や学校のオルガンに興味を抱いた。古地図で、かつて町内に7つの小学校があったことを確認。日進教授場、旭教授場を地図マークで見つける4年生もいた。

 このあと、学校を出発し、石碑のある場所へ歩いて移動。木工場や旧小学校4カ所の跡地を訪ね、ノートにチェックした。最後は町の郷土資料館で、古い農機具などがたくさん並ぶ歴史資料に目を輝かせ、男子生徒は昔の刀剣に興味津々だった。 (寒)