人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

ラッピング福祉バスお目見え

tweet
2020/10/29掲載(置戸町/社会)

人間ばんば、ゆぅゆ…置戸町の走る広告塔

リヤには巨木「三本桂」やQRコードを

 置戸町の福祉バスが代替えされ、町のキャラクター・おけばんばくんなどが描かれるラッピング仕様に一新された。「目立っていい」「町のPRになる」と町民に好評だ。

 これまでの福祉バスは1992(平成4)年から28年間使用し、約30万㌔走行して更新されることに。併せて、定型的な貸切バス仕様のボディー塗装も刷新することにした。

 中型の41人乗り。左右両サイドに名物行事「人間ばん馬」と温泉施設「おけと勝山温泉ゆぅゆ」を描き、後方リヤ面には町のポスターにも描かれている巨木「三本桂」や町のホームページにつながるQRコードを大きく掲載した。

 管内自治体の福祉ラッピングバスは滝上町にもあるが、珍しい。老人クラブや福祉団体、学校の旅行などで使われる予定で「これならば、どこの駐車場に止めていてもすぐわかる」と町民に喜ばれている。