人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 北見市高齢者保健福祉 (2)

tweet
2021/01/22掲載(北見市/社会)

~介護保険事業計画より高齢者を取り巻く現状

 北見市の第8期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画(2021~23年度)素案では、19年に65歳以上の市民を対象に実施した「介護予防・日常生活圏域ニーズ調査」の結果を掲載。将来不安に思うことや介護生活を送る際の希望などをうかがい知ることができる。

介護生活の希望「現在の自宅で」
将来の不安「介護が必要になった時」がトップ
介護してほしい人は配偶者が最多

 「日常生活や将来で不安なこと」(複数回答)で最も多かったのは「介護が必要になった時のこと」で38.1%。前回調査(16年)から12.9ポイント増加した。次いで「自分の家族や健康のこと」が37.6%で、こちらも14.0ポイント増と大幅に増加した。3位は「生活のための収入や年金・貯蓄など経済的なこと」で21.8%。一方、「特に不安なことはない」が11.0%で3.0ポイント減少した。

 「介護が必要になった際の(住居の)希望」は「現在の自宅」が40.8%、「特別養護老人ホーム」が13.2%で1位と2位は前回調査とほぼ同じ割合。3位の「介護付き有料老人ホーム」は12.7%で前回調査よりも3.3ポイント上昇した(表参照)。

 「介護が必要となった際に中心となって介護してほしい人」は「配偶者」が35.5%で最も多く、前回よりも4.7ポイント増加。次いで「施設の介護職員」が17.3%、「ホームヘルパー、訪問看護師」が13.2%。

 「今後進めるべき市の高齢者福祉施策」(複数回答)は「健康づくりや介護予防の強化」が44.8%で、前回調査よりも2.9ポイント減少。「交通網体系の整備」が同率の44.8%で前回よりも5.6ポイント増加した。 (柏)