人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

置戸町表彰式

tweet
2021/02/25掲載(置戸町/社会)

前町長・井上 久男氏を名誉町民に

5期20年にわたり町長を務め
町の発展に貢献、歴代5人目の栄誉に
「町民の一人として役に立てるよう精進したい」

 功績のあった町民をたたえる今年度の置戸町表彰式が21日、町中央公民館で行われた。前町長の井上久男氏(73)に名誉町民の称号と名誉町民章が贈られた。

 置戸町民憲章推進大会に続き、第55回置戸町表彰式が行われた。

 井上氏は平成12年から昨年6月の退任まで5期20年にわたって置戸町長を務めた。

 名誉町民は5人目。第4代名誉町民の山本勲氏をはじめ町民約120人が見守るなか、「井上氏は、優れた先見性をもって指導力を発揮し、町の発展、健全な地方自治運営に多大な貢献をされた。今日の置戸町の隆盛の礎を築かれた功績は末永く顕彰されるもの」と功績が紹介された。

 名誉町民章を渡した深川正美町長は井上氏に「勤勉で意志が固く、苦難を乗り越えていく姿勢は見習っていかなければならない。これからもご尽力いただきたい」と賞賛とねぎらいの言葉を贈った。

 これに応え井上氏は「身に余る栄誉に感激しており、心から敬意を表し感謝申し上げたい。これからは町民の一人として役に立てるよう精進していきたい。町民の皆さまには大変お世話になりました。ありがとうございます」と謝辞を述べた。

 今年度の主な被表彰者は次の通り(敬称略)。

【功労表彰】
 ▽本間靖洋(自治功労)飯田常孝(地域振興功労)和田薫(自治功労)

【善行表彰】
 ▽佐々木桂子(善行行為) (寒)

 

被表彰者らと記念撮影に収まる井上氏(前列左から3人目)

被表彰者らと記念撮影に収まる井上氏(前列左から3人目)