人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

全日本リコーダーコンテスト花村賞

tweet
2021/04/21掲載(津別町/文化)

サークル「RECつべつ」

 津別町を拠点に活動するリコーダーサークル「RECつべつ」(向平亮子代表)が、3月に開かれた第42回全日本リコーダーコンテスト(全日本リコーダー教育研究会主催)の一般の部合奏で金賞と、金賞の中でも特に演奏が優れた団体に贈られる花村賞を受賞した。メンバー達は快挙を喜んでいる。

一般の部合奏で金賞
目標達成への努力が形に

 コンテストは小学生から一般まで62団体、うち一般の部合奏は5団体が参加。新型コロナウイルスの影響で、ホールでの演奏ではなく、5人の審査員による録音審査で入賞団体が決まった。

 RECは、昨年11月の北見地区、今年1月の全道のコンテストでともに金賞を受賞。全日本では、指揮者を含め小学4年生から60代まで18人が「アフリカ組曲第17番」(S・ジーク)を演奏した。「I love music」の副題をもつ曲で「コロナ禍でも明るく笑顔になれるように」「リコーダーセミナーなどで今後も津別を訪れてほしい」などの願いを込めて選曲したという。

 コロナの影響で、集まっての練習は例年の3分の1ほどに減ったが、個人練習で補った。

 審査員から「美しく説得力のある音響」「複雑なリズムも乱れなく大変鮮やか」などと講評を受けた。

 サークルは結成13年目。指揮者を務める女性(61)は「ハーモニーの調整に最も苦労した。出合いを大切にし、楽しく、良い演奏を目標に頑張ってきたことが賞につながった」と話している。(浩)