人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

今季初の夏日観測

tweet
2021/05/11掲載(網走管内/社会)

7日、管内各地で…女満別は28.6度に

 全道的に晴れた7日、南から暖かい空気が流れ込んだ影響で、管内各地で最高気温が25度を超える「夏日」を今年初めて記録した。満開だった桜も驚く初夏の陽気が広がった。

桜も驚く初夏の陽気に半袖姿の市民も

 網走地方気象台によると7日は、管内の22観測地点中21地点で夏日を記録した。最も気温が高かったのは大空町女満別と遠軽で28.6度に達し、配布エリアでは網走28.1度、常呂27.9度、美幌27.3度、北見26.7度など。いずれも平年に比べ10~15度高い気温となった。

 北見市内の東陵公園では、半袖姿の市民が散歩やランニングを楽しむ姿が見られた(写真上)。パークゴルフを楽しんでいた60代の女性は「今日は汗ばむくらいですが、連休中は寒かったので気持ちがいいです」と仲間とともに汗を流していた。

 訓子府町認定こども園・わくわく園でも子ども達が半袖姿で元気に遊ぶ光景が見られ、夏のひとこまのようだった(同下)。 (理)(寒)