人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

緊急事態宣言の北海道追加を受け対応決定

2021-05-17 掲載

(北見市/社会)

公共施設臨時休館、市立学校は部活動禁止に

 緊急事態宣言の対象区域に北海道が追加されたことを受けて、北見市は新型コロナウイルス感染防止のため18~31日、小中学校や保育所を除く市の公共施設を臨時休館する。また、市立学校では17~31日、一部の行事を延期して部活動を原則休止する。

 公共施設のうち、臨時休館になるのは約200施設。小中学校と保育所のほか、児童センター、庁舎は通常通り開館する。臨時休館になる施設でも職員は出勤し、予約のキャンセルなどに対応する。

 市立学校は、小中学校と義務教育学校の計37校。延期するイベントは運動会や遠足で、市教育委員会によると5月中に11校が運動会を予定していた。

 そのほか、市立学校では期間中、合唱やリコーダー演奏、調理実習など新型コロナウイルスの感染リスクの高い授業を行わないことにした。   (匡)

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー

キーワード

  • 緊急事態宣言

関連記事