人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

学校祭、描いてアピール

tweet
2021/07/23掲載(北見市/教育)

北見柏陽高「学級旗」

 コロナ禍で各高校の学校祭は、保護者・一般客を入れずに開催。恒例のあんどん行列や仮装パレードが中止になるなか、学校の外に向けた巨大アートは今年もお目見えした。変わらぬ高校生のエネルギーが感じられると、道行く市民に好評だ。

北見緑陵高「ビッグアート」

北見柏陽高「学級旗」

北見柏陽高「学級旗」

 このうち北見柏陽高校の柏陽祭は「Re-make~柏陽祭?やってみな飛ぶぞ~」をテーマに5~7日に開催。クラスごとに描く「学級旗」が校舎壁面を彩った。全校15クラスがそれぞれ縦1.57㍍、横2.62㍍の布に、若さの表現や団結力を鼓舞するような絵と文字を描いた。

 昨年は制作することのなかったあんどんの山車(だし)を「つくり方を忘れてしまわないように」(同校)と今年は作成した。市中行列は行わなかったが、山車を囲んでの屋外ステージ発表や6日夜には明かりをともし、思い出のひとときとした。

 北見緑陵高校の緑陵祭は「Revenge」(リベンジ)をテーマに、伝統のビッグアートが今年も登場した。

 生徒会が原画デザインを校内に募集し、応募のあった中から生徒の投票で選んだ。それをパソコンで設計図に起こし、全クラスに分担するのは、代々変わらぬ伝統の作業。

 全画面を48枚に分割し、それぞれのベニヤ板に5㌢角の折り紙をびっしりと張り詰める巨大モザイク画。全校生徒419人が半月掛かりで仕上げた力作だ。

 完成したビッグアートの前でクラスごとに記念撮影し、達成感に浸った。   (寒)

 

北見緑陵高「ビッグアート」

北見緑陵高「ビッグアート」