人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

新任ですよろしく

2021-08-12 掲載

(北見市/社会・本誌連載)

北見税務署長 甲斐 徹也さん(56)

税務行政の円滑な運営に努めたい
「適格請求書発行事業者」の周知・広報に力
コロナのリスク回避できる申告・申請環境整備を

 北見税務署長として7月に着任した、甲斐徹也さん。北見の印象を「前任地の富良野に比べ当然ですが、都会だなあという感想です」と語り「管内の皆様のご理解・ご協力を賜りながら、税務行政の円滑な運営に努めていきたいと思っています」と着任にあたっての抱負を述べる。

 当面、力を入れたい取り組みについて「10月から、消費税の適格請求書(インボイス)を発行するための『適格請求書発行事業者』の登録申請書の受け付けが開始されますので、その周知・広報に取り組んでいきたい」。一方で「コロナ禍において、納税者の利便性の向上やリスク回避のため、来署することなく申告・申請できるように納税環境の整備に取り組んでいきたい」。

 アルコール類をたしなむが、まん延防止等重点措置のなか、納税団体をはじめ署員との“顔合わせ”もできず残念に思っている。「北見のおいしいビールや焼肉を囲んでのコミュニケーションづくりは大切だと思っており、そういう日が再び来ることを願っている」。

 札幌市出身で札幌国税局、名古屋国税局管内への出向のほか1994(平成6)年から2年間、網走税務署に勤務した。オホーツク管内への赴任はそのとき以来25年ぶり。

 北見といえばカーリングの印象もあるが、4年前の秋たまたま女満別空港でロコ・ソラーレの選手を見掛けた。「税理士監理官として公務出張中だったのでサインをお願いするわけにもいかず、せめて頑張ってくださいのひと言ぐらい言えなかったのか」と打ち明け話。確定申告でのe-Tax(国税電子申告・納税システム)を本橋麻里さんらメンバーがPRしており、今から思えば縁を感じる。

 8月5日が誕生日で56歳になった。札幌に家族を残しての単身赴任で「ラインが来たくらい」と、お祝いもオンラインだ。   (寒)

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー

キーワード

  • 新任です

関連記事