人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約84,000部を所定エリア全域配布

社明運動一人ひと言

2021-08-25 掲載

(北見市/社会)

子育て支援員・女性

「おげんきですか」

 最近の挨拶は「おげんきですか?」「コロナ感染、何かと心配ですね」など、お互いの健康状態に必要以上に気を遣ってしまい、人との距離を感じてしまいます。新型コロナウイルスの影響で、誰もが多くのストレスを抱えているのではないでしょうか。

 コロナ禍の影響で、開催が見送られていた昨年の北見市子育て支援員研修が年末から開催され、20代から60代の受講者が自分の目標に向けて真剣に取り組み、無事に終了いたしました。今年度は、子育て支援員として保育園で子どもたちの見守りを継続しています。

 仕事帰りの夕方、帰宅途中の女子中学生から「こんにちは」と言葉を掛けられ、「こんにちは」と挨拶を交わしました。別の日、今度は男子生徒さんからも「こんにちは」と言葉をかけられ挨拶を交わしました。思いがけない出会いに、ホッとするような心地良さを感じることができました。

 誰かを笑顔にする人は、コロナ社会の生きづらさを乗り切る良い免疫力になるようです。人とのコミュニケーションを取りづらい時でも挨拶を交わしたり、手助けをすることは、人の優しさが見える明るい瞬間に思えます。「元気でいてくれて、ありがとう」と気軽に言葉を交わす、再会を心待ちにしたいものです。

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー

キーワード

  • 社明運動

関連記事