連載 網走市役所新庁舎 無料駐車場にゲート必要?㊦

2022-08-12 掲載

(網走市/社会)

市担当者「時間をかけて検討してきた」

 2024年夏に完成予定の網走市役所新庁舎。72台を収容できる無料駐車場が設置されるが、市役所側と市議会側は駐車場への自動ゲート設置費約1600万円を念頭に置いた議論を続けている。網走市議会・総務経済委員会での議論を基に、議員と市側の考えを紹介する。(大)

有料化時の設置費の差額「答えられない」
土地提供の中央商店街振興組合への配慮も

■議員の考え

 市は、新庁舎の駐車場利用を無料とし、出入り口に自動ゲートを設置する方針。一方、5月27日の網走市議会・総務経済委員会では、各議員から様々な意見が寄せられた。

 平賀貴幸議員は、有料利用とした北見市役所の新庁舎(昨年1月に供用開始)駐車場に自動ゲートを設置したことは理解できるとした上で、「(網走市の場合)有料でないなら(1600万円のコストをかけた)ゲートは必要ないのでは」と質問した。

 この質問に対して市側は、新庁舎建設に向けた住民説明会の中で出された意見を引き合いに「(郊外の市民から)『私たちが役所に(車で)行ったときに自家用車を駐車できるスペースがない、という状況は避けてほしい』との意見をもらった」とし、自動ゲートを設置することで来庁者の公平感を保ちたい考えを示した。

 ただ、新庁舎の無料、有料化については「もう一度、整理して考えていきたい」と答えた。

 栗田政男議員は建設資材などの高騰で、新庁舎の建設費が当初市民に示した金額と異なってきたことを踏まえ、「(市民の負担を軽減するためにも)無駄なところはつめて(節約して)いかないといけない」と指摘した。

 永本浩子議員は、駐車場を有料化した場合と無料化の場合の自動ゲート設置費の差額について質問。市側は「(その件について)正直、そこまで検討できていない。詳細はつめておらず答えられない」とした。

 この答弁を受け、永本議員は、新庁舎駐車場のスペースや中心市街地の活性化を考慮すると「(自動ゲート方式は)悩ましいところ。しっかり考えてみたい」との意見をそえた。

■市側の考え

 各議員のこうした意見を受け、市役所庁舎整備推進室の立花学室長は「(ゲート設置については)かなり時間をかけて検討してきた」し、「来庁される方を優先)し、次にまちの核となる庁舎の駐車場を有効活用して(新庁舎の建設地である)中心市街地の活性化に使ってほしいとの思いもある」などとし、これまでの検討の経緯を説明した。

 市側が無料化にこだわる理由の一つに、新庁舎の建設地として、無償の土地使用貸借契約を結んだ中央商店街振興組合への配慮もあるらしい。「無償で使用貸借した土地に造成した駐車場を有料にするのはいかがなものか、という声もある」(関係者)。

キーワード

  • 網走市役所
  • 無料駐車場
  • ゲート

関連記事

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー