人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

フリーペーパーの発行 日刊情報誌 チラシのポスティング 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

美幌町しゃきっとプラザ利用者

tweet
2017/04/21掲載(美幌町/社会)

28年度の運動指導室・健康遊浴室
4万9723人で過去最多を更新

美幌町しゃきっとプラザの運動指導室と健康遊浴室の28年度合計利用者は4万9723人だった。27年度に比べ2826人(6.0%)の増で、過去最多を更新した。健康遊浴室の利用はやや減少したが、運動指導室の伸びがカバーした。男女別では女性が増え、合計では初の5万人台も見えてきた。

運動指導室増が健康遊浴室減をカバー
「しゃきプラ教室」が好評、5万人も目前に

年々人気が高まる運動指導室

年々人気が高まる運動指導室

利用者の各室の内訳は、ランニングマシーンやエアロバイク、筋力トレーニング器具などを備える運動指導室が3万1758人で同3432人(12.1%)の増。水中歩行などの運動ができる健康遊浴室は1万7965人で同606人(3.2%)の減だった。

 男女別では、男性は1万8521人で同86人(0.4%)の微減ながら、女性は3万1202人で同2912人(10.2%)の増。女性の利用が全体を押し上げた。

 両室で曜日別に開いている「おはようストレッチ」「はじめての水中歩行」などの「しゃきプラ教室」が好評。プラザによると、以前は必要だった事前の参加申し込みを不要にする教室を増やしたことで「参加しやすさにつながっている」という。

 男性向けの「男の減量塾」、女性向けの「ちょこっとダイエット」など施設と連動する町の教室も利用を押し上げた。中でも「ちょこっとダイエット」は、教室終了後も参加者が週に1度集まって体を動かすなど運動習慣につながっている。

 しゃきっとプラザは平成16年にオープン。両室の利用者は長く4万人台で推移し、ここ数年は毎年、過去最多を更新。5万人の大台も見えてきている。町は「今後も町民の健康意識を高め、運動習慣につなげる取り組みに努めたい」としている。     (浩)