人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

高病原性鳥インフルエンザ警戒中

tweet
2018/11/07掲載(網走管内/話題・告知)

死んだ野鳥には触らず通報を

渡り鳥の飛来シーズンを迎え、北海道は高病原性鳥インフルエンザへの警戒を呼びかけている。韓国、中国など近隣国でのウイルス確認があり、10月には千葉県で野鳥のふんから低病原性鳥インフルエンザウイルスが確認されている。オホーツク総合振興局や北見市は管内での発生の可能性があり「死亡した野鳥を見つけたら触らず通報を」と呼びかけている。

オホーツク総合振興局や北見市が呼びかけ
渡り鳥の飛来シーズン迎え
管内でも発生の可能性

道が呼びかける注意事項

道が呼びかける注意事項

農林水産省が全国の自治体にあてた通達(10月22日)によると、千葉県で採取された野鳥のふん便から低病原性鳥インフルエンザウイルス(H7亜型)が検出された。国内での今季初のウイルス確認で、今冬の防疫対策の再徹底を促した。

 29年度の国内における高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)の確認は、11月に香川県内の農場で家きんの感染が確認された。このほか、野鳥の確認例では島根県内7例(コブハクチョウ、キンクロハジロ、ユリカモメ)、兵庫県1例(ハシブトガラス38羽)、東京都1例(オオタカ)。

 北見市内では今年4月、若松大橋付近の常呂川でオオハクチョウの死がいが見つかったが、死後状態が悪くウイルス検査はできなかった事例の1例。

 道が呼びかける注意事項は (1)死亡や衰弱している野鳥を見つけた場合、素手で触らないように (2)鳥の排泄物などに触れた後は手洗いとうがいを (3)水辺などに立ち寄り野鳥のふんを踏んだ場合、靴底を洗うの3点。

 検査優先度が最も高い野鳥はオオハクチョウ、ヒシクイ、オシドリ、キンクロハジロなどのカモ類のほか、野鳥を捕食するオオタカ、ハヤブサのタカ科2種を加えた17種類。優先度2番目がマガモ、オナガガモ、オジロワシ、オオワシ、クマタカ、フクロウなど11種。これ以外の野鳥でもふらつきや正常に飛べないなどの重度の神経症状がある場合は検査の必要がある。

 通報の判断は対象野鳥の死亡や衰弱した個体などで、交通事故など他の原因が明らかな場合は除かれる。

 発見の可能性のあるエリアは水鳥が集まるサロマ湖や常呂川河口周辺のほか、野鳥との接点のある常盤公園や野付牛公園、富里湖など。通報先はオホーツク総合振興局(TEL 0152-41-0632)、北見市は農政課(TEL 0157-25-1142)。(澄)

 

サロマ湖に飛来したオオハクチョウ

サロマ湖に飛来したオオハクチョウ