人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

南大通平面化完了

tweet
2018/12/20掲載(北見市/社会)

北見市常盤町の旧立体交差

あす交通規制全面解除
冠水しない幹線道路…1日1万台スムーズに

7月から交通規制を行って平面化工事が進められていた北見市常盤町の南大通は、21日に平面化が完了し、交通規制が全面解除される。ハーフアンダーパスとして大雨災害時に冠水するという懸念も解消された。

 南大通の立体交差は、鉄道の架道橋を持ち上げ、道路が下にもぐるハーフ・アンダー・ハーフ方式。近年、ゲリラ豪雨など大雨時に冠水する可能性が高まり、早期の平面化が求められていた。

 平面化工事は、架道橋の撤去と道路の土盛り、舗装という流れで行われ、今年7月から工事に伴う交通規制が行われていた。

 工事は常盤通と南大通の交差点から東の延長約187メートル、総幅員32メートルの区間で行われた。工事費は架道橋の撤去を含め約2億5千万円。

 1日約1万台の交通量がある主要幹線道路を全面通行止めすることなく、一部規制で交通を確保しながら工事を完了させた。大雨時の冠水の懸念も解消された。

 24日に照明の設置工事があり、半日間、一部交通規制する。 (粟)