人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見市民の関心高い「除雪」

tweet
2019/01/22掲載(北見市/社会)

苦情・要望…

北見市除雪センターに寄せられる除雪に関する問い合わせや要望、苦情はひとシーズンで約900件。それだけ市民にとって除雪は関心事。市民から市道路管理課に連絡のあった問い合わせや要望と、その回答を掲載する。同課は「近年の降雪量の増加に伴い、除雪による市民生活の確保には市民の理解と協力なしには不可能な状況です」と話している。    (澄)

北見市道路管理課への問い合わせと回答紹介

道路に関する問い合わせ

・「除雪車何を基準に出動するのですか?」

 回答…連続した降雪で積雪深が10センチを超えた場合、パトロールを行い除雪が必要と判断された場合です。

道路に関する要望

・「除雪車の出動を早くできませんか?」

 回答…市道の除雪は幹線道路(夕陽ヶ丘通、南大通など)、歩道、生活道路、郊外道路に分けて行っています。幹線道路と歩道は交通量が多く安全上、夜間作業となり通常、幹線道路の開始は夜8時ころ、歩道が夜9時ころに出動し基本は朝の通勤・通学の時間帯までに作業が終わるように計画しています。生活道路や郊外道路は降雪状況で時間を決定します。

・「住宅前の間口除雪を行ってほしい。せっかく除雪した後に雪を置いていかれるので困る」

 回答…市道の除雪は雪を路肩にかき分ける作業です。それでも1回の出動で約120台の除雪車が車道950キロを終えるのに8~10時間かかっているのが現状です。間口除雪を行おうとすれば、およそ2倍の時間がかかり、全体の完了時間が遅くなり、他の人への影響が大きくなります。

 また、人員や予算も増加し市民サービスの限界を越えてしまうことになります。除雪車が通過した後の間口除雪に協力していただきたい。

・「交差点など雪山が高く見通しが悪い。なんとかしてほしい」

 回答…この冬も交差点の排雪は計画しています。見通しの悪い交差点があれば、道路管理課まで連絡(24・9311)いただければ、現地確認後に対応いたします。

・「雪を残さないよう除雪車の排土板を下げて除雪してほしい」

 回答…排土板をできるだけ下げていますが、路面の凹凸やマンホールのふたなどがあり、作業上の安全を優先しているのでご理解ください。

 ただし、自力で除雪が困難な高齢者には除雪サービスが受けられます。対象は65歳以上のお年寄りやお年寄りと障がい者だけの世帯で市内に身内のいない人、身内がいても遠いなど支援が困難な世帯。問い合わせは介護福祉課(0157・25・1144)。

公園に関する問い合わせ

・「公園にママさんダンプなどで雪を入れてもいいですか」

 回答…町内会などからの要望があった場合、融雪後のごみの清掃、公園施設を破損させないことを条件に許可しています。ただし、申請手続きが必要です。道路管理課にご相談ください。

公園に関する要望

・「雪を入れることが許可された公園に道路の雪を除雪車で入れてほしい」

 回答…雪で道幅が狭くなっている場所については市民からの依頼を受けて実施することは可能です。