人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

びほろ冬まつり

tweet
2019/01/31掲載(美幌町/行事)

“寒さ”楽しむ

2019びほろ冬まつり(実行委員会主催)が27日、JR美幌駅横で開かれた。約5千人が来場し、ジャンボ滑り台や「びほろスノーバスケット世界大会」などで寒い冬を楽しんだ。

 雪をフライパンですくって投げ入れ、重さを競う「スノーバスケット」は、一般の部15チーム、小学生の部7チームが出場。上半身裸で競技に臨むチームもあり、会場を盛り上げた。一般の部は「旭ベースボールクラブお父さんA」、小学生の部は「旭ベースボールA」がそろって優勝した。

 長さ28メートルのジャンボ滑り台では終日、子どもらが長い行列をつくり、爽快な滑りを楽しんだ。

 屋外で豚ジンギスカンを焼いて味わう「人寒(じんかん)パーティ」も大勢が炭火のコンロを囲んだ。屋台のお酒と合わせて楽しむ人もいた。

 JAびほろによる豚汁の無料配布「千人鍋」、雪山を掘ってカプセルを探し、景品を当てる「宝探し」なども盛り上がりを見せた。(浩)