人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

スキーのジュニア技術選手権で全道優勝

tweet
2019/03/14掲載(北見市・美幌町/スポーツ・教育)

北見スキー学校・女子生徒

北見スキー学校でスキーを習う、美幌中学校3年女子生徒が、スキーのジュニア技術選手権中学女子の部で全道チャンピオンになった。管内勢の全道優勝は男女を通じて初めて。

管内では初の快挙、全国の大舞台に挑む

北海道スキー連盟主催の第8回北海道ジュニアスキー技術選手権決勝大会は2、3日、旭川市カムイスキーリンクスで開かれ、道内各地区予選を勝ち上がった小学生~高校生が出場。小回り、大回り、総合滑降の3種目で滑走やターンの技術を審査により競った。

 女子生徒は中学生になると、北見若松市民スキー場に父と夜間、通い始める。しだいに腕を上げ、昨年1級に合格。今季はスキー学校の中でも最も難しく、レベルの高い「スーパーシロクマコース」に上がった。

 スーパーシロクマコースは、上のクラスをめざす1級合格者や技術選手権で上位を狙う選手達が所属。スキー学校の教官は一般の技術選手権に出場するバリバリの現役選手が務め、女子生徒はメキメキと力をつけていった。先生が不在のときは父親が一緒に滑ったり、滑る様子をビデオに録画したり応援。「うまく滑れたときはビデオを見るのが楽しみで」と二人三脚、おやこ鷹で実力をつけていった。

 全道大会中学女子の部は各地区代表49人が出場。女子生徒は3種目のうち得意な大回りと総合滑降で最高得点をマーク、小回りは3位だったが合計で石狩市の選手を1ポイント上回り764点で全道金メダルに輝いた。

 スキー学校の指導者は「力強いエッジングが女子生徒の持ち味」と高く評価し、女子生徒は「メリハリを考えて滑ったのが良かった」。

 全国大会は今月22日から後志管内ルスツリゾートスキー場で開催。不整地小回り、旗門競技種目が加わり難関だが、女子生徒は中学最後の大会を思い切り楽しみたい考え。 (寒)