人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

黄金の畑をコンバインがゆく

tweet
2019/07/31掲載(北見市/話題)

北見でも秋まき小麦の収穫進む
生育は平年作以上の見込み

四季いろ撮る

麦穂を刈り取っていく大型コンバイン

麦穂を刈り取っていく大型コンバイン

北海道農業の夏を象徴する光景、秋まき小麦の収穫作業が北見市内でも進んでいる。黄金色の小麦畑の中を大型コンバインがうなりを上げ、麦穂を次々と刈り取っていく。

 JAきたみらい地域では約4千ヘクタールに秋まき小麦「きたほなみ」が作付けされている。

 市内の生産者79戸でつくる上常呂小麦刈取組合では昨年よりも4日ほど早い24日から収穫作業を始めた。雨により作業が半日ストップする日もあったが、おおむね順調に進んでおり、好天が続けば8月1日までに共同での収穫を終えるという。

 収穫を見守っていた生産者は「やや雨不足だった印象はあるが、生育は良かった。平年作以上が見込めるのでは」と話していた。(理)