人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 企業家・渋沢栄一 (1)

tweet
2019/10/02掲載(北見市/本誌連載)

北海商科大名誉教授・菊地均氏寄稿

 2024年度発行の新一万円札に描かれることが決まった、実業家・渋沢栄一。元北海学園北見大学教授で、北海商科大学名誉教授の菊地均氏(71)は「渋沢栄一が、経営というものをどのように考えていたのかを知ってもらいたい」と「企業家・渋沢栄一」を寄稿した。連載で紹介する。

大蔵省の要職を辞し、企業家へ

 渋沢栄一について語ることは、新しい1万円札の肖像画に使われるからではなく、企業家(アントレプレナー)として語ることである。それはこの人物の生涯が、ことにその前半生において波乱万丈であったにもかかわらず、後半生において彼がかかわった企業や社会事業の数は千を超え、そのまま世界の企業家史に残してもよいと思うばかりでなく、日本の企業家を志す青年にとって多くの教訓、示唆を含んでいるのに、この人物のことが全く知られていないからである。

 北海道の企業とのかかわりで言えば、サッポロビール、JR北海道、王子製紙、北海道ガス、函館ドックなどがあり、名前の残っているのは小樽にある「旧澁澤倉庫」である。

 以下、極めて限定的で、ラフなスケッチみたいなものだが、読者が興味を感じ、渋沢栄一を知る機会にでもなってくれるならば、と思って筆を執った次第である。

 渋沢栄一は天保11(1840)年に生まれ、昭和6(1931)年、91歳で生涯を閉じる。このように91年にわたる生涯を、研究の対象として二つの時期に分ければ、明治6(1873)年がその境目になる。この頃は彼にとって心身が成熟し、もっとも働き盛りの33歳、大蔵省の要職を辞し野に下り、以後は終始一貫、企業家として活動する意思を固めた時代だ。

 この時以前の渋沢の前半生は明治維新前後の大変革期に当たり、彼の身の上にも、実に思いもよらぬことが続出するのだが、この前半生のあらゆる波乱はみな、要するに彼の悟りを開き、力を培い、性格を鍛え、後世の円熟した企業家渋沢栄一という人物を作り上げる素地となったということができる。

◆プロフィール 菊地均(きくち ひとし)

 1976年日本大学大学院商学研究科博士課程、レスブリッジ大学交換教授のほか1979年から北海学園北見大学に勤務し教授などを務めた。北海商科大学教授、同大学大学院教授をへて同大学名誉教授、博士(経営学)