人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見市議会代表質問、5人が登壇

tweet
2019/10/03掲載(北見市/政治)

2期目迎えた辻市長の公約など質疑

 定例北見市議会は2日、代表質問を行い5人が登壇。中崎孝俊議員(絆・新しい風倶楽部)、川島章則議員(市民・連合クラブ)、鑓水欽三議員(市政クラブ)、松谷隆一議員(市民クラブ)、菊池豪一議員(日本共産党)が9月の市長選で2期目当選を遂げた辻直孝市長の公約や選挙結果に対する考えなどをただした。

 2期目の決意について辻市長は「多くの市民から支持をいただいた。これからの4年間も市民の負託に応えるべく全力で職責を全うしたい」と述べた。

 市長選の投票率が過去最低の34.89%だったことなどを踏まえ、松谷議員は「多くの市民の負託を受けたといえるのか」。菊池議員は8つの政策からなる市長公約について「かなり大まかな内容で、イメージに過ぎない。公約に値するものを改めて市民に示すべき」と指摘した。

 このほか休日夜間急病センターと保健センターの整備や中央大通沿いの再開発、国土強靭化計画などについて質疑が交わされた。まちきた大通ビルの屋内遊戯施設「パラきたKids」について辻市長は「遊具と施設機能の充実を図りたい」とし、時期については「適切な時期に」と述べるにとどめた。

 代表質問に続き森谷隆文議員(かけはし)が一般質問を行い、社会人ラグビー合宿などについて質問した。(柏)