人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

8050問題を考える

tweet
2019/10/19掲載(美幌町/社会)

美幌で現場職員、地域住民らが研修会

 社会問題化する「8050問題」への対応を考える権利擁護研修会が11日、美幌町民会館で開かれた。介護・福祉の現場職員や地域住民らが講演とグループワークで支援のあり方を学んだ。

 8050問題は、80代前後の親が、収入がない50代前後の子を養うケースが増えている問題をいう。親子が社会的に孤立し「共倒れ」になるリスクや、何らかの障がいを抱えているケースもあり、専門職の介入や地域の見守りが必要とされている。

 研修会は美幌町と美幌町地域包括支援センターが主催。現場職員、民生委員児童委員、自治会役員、関係団体の役員ら約60人が参加した。

 社会福祉法人あむ南9条通サポートセンター(札幌)所長の大久保薫さんが講演。「8050問題の背景にあるのは子どもの引きこもり。以前は若者の問題だったが、高齢化している」と分析し、全国には40~64歳の引きこもり状態の人が約61万人おり、15~39歳の約54万人より多いと推計する内閣府の調査結果を紹介した。夕食会やサロンの開催など8050問題の当事者を支援する全国各地の取り組みも紹介した。

 講演後は、町職員らが演じる8050問題の寸劇を元にグループで対応を協議。「病院に行きたがらない母親に訪問看護をすすめる」「息子の金銭管理を支援する」などと発表し合い、専門職、住民の立場でよりよい支援を共有した。(浩)