人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

玉ねぎ集出荷施設見学

tweet
2019/10/21掲載(北見市/社会・教育)

北見中央小3年生が
選別、梱包、出荷…実際に見て学ぶ

「想像していたよりもたくさんの機械が」

玉ねぎ集出荷施設を見学する小学生

玉ねぎ集出荷施設を見学する小学生

 北見中央小学校3年生38人が17日、今年から稼働を開始したJAきたみらいの玉ねぎ集出荷施設(市西相内町)の見学に訪れた。地域産業を学ぶ社会の授業で、畑で収穫された玉ねぎがどうやって出荷されるのかを実際に目で見て学んだ。

 ゴーっと大きな音が響く施設内。次々と選別ラインを流れてくる玉ねぎの多さに児童も「たくさんあるね」と驚き。M~2Lサイズに分けられ、自動で箱詰めされる様子を確認した。ほとんどの作業が機械化されているが、傷みのある玉ねぎが混ざっていないかなど「人の目と手によるチェックも行われています」とJA職員。

 また、児童が規格外の玉ネギの使い道などについて質問すると、職員は「規格外の玉ネギはスープやコロッケなど加工品として利用されています」と施設に関する素朴な疑問にも答えた。

 見学を終えた女子児童は「段ボール箱を組み立てる機械など、想像していたよりもたくさんの機械があってすごかったです」と話していた。    (理)