人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 企業家・渋沢栄一 (7)

tweet
2019/11/01掲載(北見市/本誌連載)

北海商科大名誉教授・菊地均氏寄稿

大政奉還の後、フランスから帰国

 この間(ヨーロッパ滞在期間)、渋沢がもっとも注視したのは西欧の近代資本主義の法人制度である。例えば、銀行、会社、取引所、保険、慈善事業などの法人組織やマネジメントの役割についてである。

 実際にそれらを見聞し、わが国で積極的に活用することによって、自分の扱っている金銭を極めて効率的かつ合理的に管理しようとしたのだ。このようなことは、企業家についての才能と経験を有する渋沢だからこそできたことであって、その頃の日本の武士たちには期待し難いことだった。

 なお、フランス滞在中に御勘定格陸軍附調役から外国奉行支配調役となり、その後開成所奉行支配調役に転じる。

 この年の10月、将軍慶喜は政権を返上、やがて明治新政府が成立し、日本国内の情勢は急変した。パリにいた渋沢はこうした時に際し沈着巧妙に対処し、なお数年間昭武の留学を続けさせようとはかった。けれども止むなき事情が生じたため、明治元年9月4日、昭武一行と共にマルセイユから帰国の途につき、同年11月3日に横浜港に帰国した。