人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

12月に臨時の観望会

tweet
2019/11/30掲載(網走市/話題)

網走の桑野星見処で
月面X、白昼の金星、部分日食

 網走市の私設天文台「桑野星見処」で天体観望会が12月に3回、開かれる。

月面X(桑野星見処撮影)

月面X(桑野星見処撮影)

 天文現象が見頃を迎えることから臨時で開催。市潮見7―5―11の桑野真行さんの手づくり天文台で天体望遠鏡をのぞく。事前の申し込みが必要。各回定員があり先着順。無料。

 日程と桑野さんによる解説は次の通り。

【月面X観望会】
 4日午後4時半~6時半。

▽月面Xは天文学的にはそう意味合いはありませんが、年に数回しか見られない貴重な現象です。毎月見られる半月ですが、月面Xが見られるのは2時間ほどで、しかも日本時間では夜中や日中になり、夕方に見られるのは貴重です。今年は2回目です。

【白昼の金星観望会】
 21日午後2時~4時。

▽宵の明星として西空に見られる金星の、その直前の姿を観察します。現在は太陽のすぐ左側に位置していますが、今後どんどん地球に近づき、見かけ上は4倍ほどに大きくなります。その変化を確認するには今が一番小さいので良い機会です。

【部分日食観望会】
 26日午後2時半~3時。

▽東南アジアでは金環日食です。北の方が欠け率は小さくなります。網走地方では28%が欠けます。     (寒)